プロフィール

Sara

Author:Sara
結婚6年目、37歳の主婦です。今は不妊治療はお休みして、のんびり楽しくベビ待ちしています。
気軽に遊びにきてください♪

にほんブログ村

ベビ待ちブログランキングへ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!

入居者募集中!!

入居者募集中!!

文楽みくじ

子宝に恵まれますように

QRコード

QRコード

ベビ待ち専業主婦の700日~高齢出産するまで~
永遠ではないベビ待ち人生、せっかくならのんびり楽しく待ってみよう♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日でブログ卒業!ベビ待ちの本音と建前?
とうとうこのブログも明日で700日達成!となります。
早かったような・・・。長かったような・・・。
色々な事が思い出に残っています
私たち夫婦の赤ちゃんに出会うために日々挑戦してきた事は決して無駄ではなかった、人生の大切な一コマだったなあと思います

今日はダイアモンド☆ユカイさんの『タネナシ』という本を読みました。
妻の付き添いという軽い気持ちで行き始めた病院で無精子症だと告げられ、その後の不妊治療のこと、女の子の妊娠、出産、育児のこと、そして双子の妊娠、夫婦のことなどが書かれていました。
心の中の色々な感情が素直な言葉で詳しく綴られていて、自分や夫や両親に置き換えて共感してしまい、何度も涙が出てきました
二度の体外受精で着床に結びつかず、ようやく三度目のチャレンジで妊娠が判明した時には、本を読みながら感動してまた涙が(T0T)

「子供ができないとしても、それで夫婦が終わるわけではない。子供がいないならいないなりの夫婦のありかたをふたりで探していけばいい。 ~ ・・・・・でも、当事者はそう思えないんだ。慰められれば慰められるほどに、自分を責めてしまうんだ。」
「どれだけ一喜一憂しないようにしようといい聞かせても、どうしたってどこかで期待してしまっていた。」
という言葉がスッと心に入ってきました。
うすうす気付いてはいても気付かないフリをしていた自分の気持ちを表現してもらったような気がしました。
頭では分かっていても、それを認めてしまうと前に進めないような気がして。
このブログでも気軽な気持ちでのぞむと書いてきましたが、今後体外受精に挑戦した時いくら期待しないようにしても期待してしまい、ダメだったら落ち込むんだろうなあと認めることができました。
それでも進むためには、なるべく期待しないように気軽な挑戦だと自分に言い聞かせてしまうと思いますが。
あとはこのユカイさんの娘さん誕生後の父の想い、ガラッと人生観まで変わってしまう様子を見て、夫にもこんな気持ちを味あわせてあげたい!と強く思いました。
赤ちゃんに出会うまでがんばるぞー!と勇気付けられる素敵な本でした

ベビちゃん誕生まで1日
スポンサーサイト
できると思う事が大切!
以前、私には荷が重そうな仕事を任されて不安に思っていた時、上司が「まずはできると思う事が大切!」と声をかけてくれました。
なるほどと気持ちが楽になったのを覚えています。
「できなかったらどうしよう。。」と考えてばかりでは前に進めないですよね。
まずはできる!と思ってみる事で、「どうやったらできるだろう?」「とりあえずやってみよう♪」と意欲が出て、本当にできてしまう事もありますよね

またベビ待ちに結びつけて考えてしまいますが、本当に思ってなくてもいいので、まずはできる!と思ってみる、言ってみる事が大切なのかなと思います
そうすると、「そのためには?」と前に進んでいけると思うのです。
「できないかも。」と予防線を張って自分が傷つかないようにしていた時期もありますが、そろそろ図太くなってきたので、今度はそのうちできる!と唱えながら過ごしてみたいと思います

ベビちゃん誕生まで4日
そう簡単には奇跡は起こらないかぁ。
このブログ最後の周期で赤ちゃんが来てくれるといいなあと願っていましたが、あっさりリセット開始
奇跡が起こるのはもう少し先になりそうです。
「早寝早起き早ごはん」を続ける事が、赤ちゃんに出会うための私たち夫婦の最終試験と思って生活改善に励んでいきたいと思います。

今後のベビ待ち予定は、なるべく早めにIVFに挑戦!
(できれば37歳のうちに
でもあまり期待はせずに、受精する力があるのか、妊娠する可能性があるのかを調べるぐらいの気持ちで
金銭的にある程度の上限を決めているので、それでもダメだったら治療はやめて気楽に過ごす
基礎体温を測るのもやめて、なるべくベビ待ちから遠いところへ気持ちを持って行く。
そんな生活が不安になり始めたら、漢方治療をする。
という風に考えています。
そのどこかの時期で赤ちゃんに出会えたらいいなあ。
これからもマイペースに気長に進んでいきます

ベビちゃん誕生まで10日
日本人の習性
昨日の戸田菜穂さんの妊娠年齢ではないですけど、日本人は年齢を気にしすぎるような気がします。
ワイドショーなどを見ていると、話題が変わる度に女優さんなどの年齢が出てきているので、芸能人の方は嫌じゃないんだろうかと勝手に心配してしまいます。
日本在住の外国の方が、「日本に来てびっくりした事」というインタビューで、「すぐ年齢を訊いてくる事」という答えをよく見ます
ヨーロッパなどでは、特に女性に年齢を訊くのはマナー違反になると言いますよね。

日本では、なぜ年齢を気にするんだろう?と考えてみると、相手が目上かどうかで言葉遣いが変わるからでしょうか。
でもそれなら芸能人の年齢は関係ないですよね。
不思議ですね。

そういう私も人付き合いで年齢を意識する習性がすっかり出来上がってしまっています。
でも、これからは年齢の事を言われても日本人の習性と思って気にしないように、私も年齢によって相手に対する気持ちが左右されないように心がけたいと思います

ベビちゃん誕生まで23日
30代も捨てたもんじゃない。
雑誌で更年期についての特集記事を何気なく見ていました。
そのなかに女性ホルモン「エストロゲン」の年齢別変化のグラフが載っていました。
エストロゲンというのは、女性らしさを作り出し、妊娠・出産に必要な体の環境を整えるものらしいです。
文章では、卵子の数などと同じように「30代半ばから減り始め・・・」と書いてありましたが、グラフでは20代よりも増えていて35歳前後が人生で一番女性ホルモンが多いようです

確かに30代後半から減り50代の閉経に向かっていくというのは事実ですが、考えようによっては30代が一番女性ホルモン全開の時代とも言えますよね
「もう若くない。」なんて思わずに、今が一番いい時期♪と思って暮らしても誰にも迷惑はかからないですよね
妊娠、出産に関してだけとらわれるのではなく、後悔のない素敵な30代を送りたいです

ベビちゃん誕生まで27日


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。