FC2ブログ
プロフィール

Sara

Author:Sara
結婚6年目、37歳の主婦です。今は不妊治療はお休みして、のんびり楽しくベビ待ちしています。
気軽に遊びにきてください♪

にほんブログ村

ベビ待ちブログランキングへ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!

入居者募集中!!

入居者募集中!!

文楽みくじ

子宝に恵まれますように

QRコード

QRコード

ベビ待ち専業主婦の700日~高齢出産するまで~
永遠ではないベビ待ち人生、せっかくならのんびり楽しく待ってみよう♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励みになった本
先日、久しぶりに図書館に行って本を借りてきました。
昨日の夜、その中の一冊『ちいさな命のバトン』という本を読みながら早めに寝ようと思ったら、結局先が気になって最後まで読んでしまいました。

この本を書かれたのは、クリニック内で「不妊ルーム」を開設されている内科の先生、放生勲先生です。
「不妊ルーム」に来られた、いろんなご夫婦の物語が書かれていて、私と歳の近いアラフォーの方が妊娠、出産するまでの話もたくさんあってすごく励みになりました。

「不妊ルーム」では、基礎体温と排卵検査薬や漢方薬だけで治療を進めていく場合もあれば、体外受精をするために信頼のおけるクリニックを紹介する場合もある、という風にそれぞれのケースでその人に合った道を手助けするというスタンスのようです。
ただ、どちらの場合でも「自分が納得して、主体的に治療を進めていくことが大切。」という考え方に共感しました。

どうしても病院内では、先生と患者という立場で上下関係ができやすく、質問したくても忙しそうでできなかったという事になってしまいがちです。
この「不妊ルーム」に来られた方の中でも、されるがまま言われるがままの治療で体も心もボロボロだったのに、自分の納得のいく道を見つけて進んだ結果、妊娠、出産につながったという方がおられました。
これから治療に向かうかもしれない私も、自分と夫の気持ちが主で、病院での治療はそれを手助けしてくれているという事を忘れないようにしたいと思います。

ベビちゃん誕生まで88日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://700nitibaby.blog18.fc2.com/tb.php/619-513623ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。