プロフィール

Sara

Author:Sara
結婚6年目、37歳の主婦です。今は不妊治療はお休みして、のんびり楽しくベビ待ちしています。
気軽に遊びにきてください♪

にほんブログ村

ベビ待ちブログランキングへ

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

FC2カウンター

ご訪問ありがとうございます!

入居者募集中!!

入居者募集中!!

文楽みくじ

子宝に恵まれますように

QRコード

QRコード

ベビ待ち専業主婦の700日~高齢出産するまで~
永遠ではないベビ待ち人生、せっかくならのんびり楽しく待ってみよう♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産する時に思い出したい事
前回の『JIN-仁-』で、中谷美紀さん演じる野風さんの出産シーン、「野風さん、死なないで!赤ちゃんを抱っこさせてあげてー」「早く産んで、麻酔してあげて!」「赤ちゃん、泣いて~」と祈るような気持ちで最後まで息がつけなかったです
野風さんは乳がんを再発して無理が利かない体の上に、赤ちゃんは逆子、帝王切開しようにも幕末の時代の麻酔では赤ちゃんに危険すぎると、母体だけは助けようとする南方先生。
それを察した野風さんが、「赤ちゃんを抱くまでは決して死にません!」と訴えて、麻酔なしの帝王切開を決行することに。
見ているだけで、考えるだけで、痛すぎる
これはドラマの中の話ですが、昔はもしかしたら本当にあった出来事かもしれませんよね。
そう考えると、もし自分が出産する時に痛すぎて耐えられそうになくなったら、この野風さんの母の強さを思い出したら乗り切れそうな気がしてきました。
それまで覚えておくために、ブログに書いておきます

ベビちゃん誕生まで85日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://700nitibaby.blog18.fc2.com/tb.php/622-fea1d6da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。